きちんと理解して運用できる
実用的なAIを製造業に

Produced by Corpy & Co., Inc.

製造業の皆さま、
このようなお困りごとはございませんか?

外観検査

外観検査の現場で多くの工数・負担がかかっている。 少子高齢化により十分な検査人員を確保できない。


機械故障

装置の突発故障で予定通りに生産が進まない。 正確な故障時期がわからず、保全コストが削減できない。


作業漏れ

長時間のルーティンワークで作業漏れが発生している。 機械の配置や作業動線を上手に最適化できない。


歩留まり改善

歩留まりを改善し、生産効率を向上させたい。 正確な原因が分からず、 改善部分を特定できない。


これらのお困りごと、
CONFIDE for Factoryが
解決いたします!

Corpyの強みである先端XAI / QAAI技術をベースとした、 製造業AIを自社にて企画から開発、導入、運用管理まで 一気通貫で実行可能なプラットフォーム

CONFIDE for Factoryとは?

サービス一覧

外観検査

外観検査を行う製品の正常画像と不良画像をAIに学習させ、製造ラインの外観検査を自動化します。 また、通常ではなかなか集めるのが困難な不良画像も、弊社の画像拡張技術を使って生成することができるので、少量のデータ  からでも、頑健なAIモデルを作成可能です。

作業者解析

梱包現場や製造ラインにて、カメラを用いて、現場の作業員の動きをモニタリングし、見える化することで、作業漏れなどのヒューマンエラーの防止や改善をサポートします。 また作業員一人当たりの作業量負荷も、計測可能です。

異常検知・故障予測

音声センサーや振動センサーをはじめとする、様々なセンサーデータを学習し、製造機械や設備の故障・異常を検知します。 また過去の異常時のデータをもとに、機器の故障を予測することも可能です。

製造工程最適化

製造工程のデータと歩留まり率を学習して、データ化し、製造に おける理想の状態を見つけ、歩留まりが悪い時のデータと比較することで、問題点を明確にし、改善をサポートします。

弊社技術の強み

2つの特徴

XAI

Explainable AI

(説明可能AI)

AIの運用・改善における一つの課題はブラックボックス問題です。

これは多くのAIは、予測結果のみを提示するため、その根拠を特定できず、AIの改善方法が分からないという問題です。 XAIは予測結果だけでなく、その判断根拠も同時に示すことで、この問題を解決しAIを運用・改善することが誰にでも可能になります。

QAAI

Quality Assurance for AI

(品質検証AI)

AIの品質検証・管理も、現場の大きな課題です。

少ないテストデータでの精度評価では、十分な品質検証ができず、 導入後に精度が大幅に下がるリスクがあります。 QAAIはデータが少ない場合でも、導入後の現場の外乱や環境変化を考慮してデータを生成して検証することが可能です。また検証結果を可視化し、AIの品質検証・管理を可能にします。

CS担当チーム

私たちが、AI導入を検討している製造業企業の皆さまを、全力でサポート致します!

山元浩平

Founder & CEO

東京大学情報理工学系研究科博士課程中退。東大・Yahoo!Japan研究所・フランス国立情報学自動制御研究所Inria等で機械学習に関する研究を行い、東大やInriaの同僚と共にCorpy&Co.を創業。研究分野は、ディープラーニング・マルチメディア(画像・言語)・Web(推薦システム・オンライン広告・UIUX最適化)等。

これまでに推薦システムの最高峰国際会議RecSysのワークショップや、Webの最高峰国際会議WWW等で研究発表を行ってきた。またYahoo!Japan研究所では、ディープラーニングを用いたオンライン広告のクリック率予測技術を開発し、特許を取得。

澁谷遊野

BizDev Manager

東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(総代)。専門は社会情報学、データサイエンス。CEOの山元とは東大時代の同僚。東京大学大学院情報学環特任助教としても研究に従事し、国内・海外共同研究を多数展開。Big Data・HCIなどの最高峰国際会議等での研究発表・論文発表多数。

Corpyでは事業開発・クラインアント折衝を担当。お客様の現場の課題や現状を丁寧に拾い上げ、将来目標・目的に応じたかたちで、長期的に成功と呼べるプロジェクト展開や製品開発・導入・運用のサポートを心がける。

矢田ゆかり

Outbound Sales Manager

東京大学法学部卒業。2021年2月よりCorpyにレンタル移籍し、事業開発・クライアント折衝を担当中。

移籍元の半導体関連製品で培った10年以上の製造業に関する知見や営業経験、更には事業開発の経験をを活かし、AI導入に興味を持つ製造業の皆様に、コンサルから導入まで、スピード感のある、各社各社に寄り添った提案することをモットーとしている。

茨城和輝

Customer Success Manager

バンガー大学学士課程修了。専門は消費者心理学、マーケティング。2021年1月よりCorpyで事業開発・クライアント折衝を担当。

同年3月には一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)により実施されたDeep Learningを事業に活かすための知識を証するG検定資格取得。製造業の皆様が抱える課題に親身に寄り添い、お客さま体験を最大化することを目指す。

お問い合わせはこちら